首イボ除去が痛くない!おすすめできる市販薬の首イボ除去クリームの中で一番効果があるのは?口コミを参考に選んでみよう!自分で切る際の注意点や、オリーブオイル、ハトムギが首イボに効くって本当?検証します。

首イボ除去におすすめ市販薬クリーム【2018】口コミを参考に効果があるケア商品を探そう!治療や予防方法

首イボの予防法

どうして肥満だと首イボが出来やすいの?

更新日:

摩擦によって首イボができる

首イボは、肥満との密接な関連性はあります。なぜならイボは、皮膚に対する摩擦が主な原因だからです。イボは、ウィルスが原因の事もあります。ただしウィルスでイボができるかどうかも、皮膚に対する炎症次第なのです。皮膚に炎症がある方が、ウィルスによってイボができやすくなる傾向はあります。
ところで皮膚には、強い刺激が生じている事もあります。皮膚が強く擦れてしまいますと、やはり炎症が発生しやすくなるのです。洋服が首を強く擦ってしまうと、首イボはできやすくなる傾向はありますし、摩擦はウィルス感染の一因になるのです。

摩擦で角質粒ができて首イボが生じる

ところでイボは、何もウィルスだけが原因ではありません。角質粒なども、イボの一因なのです。人によっては、皮膚に対して多くの角質が蓄積している事もあります。角質も少量なら問題ないのですが、量が多くなってしまうと、イボを作り出してしまう事があるのです。
ところで皮膚に角質粒が蓄積する原因の1つは、上述の摩擦なのです。皮膚に対して強い刺激が加わりますと、もちろんダメージが生じてしまうでしょう。その結果、皮膚表面に角質粒ができてしまい、イボも発生しやすくなるのです。
ですからイボが生じる流れは、下記の通りになるのです。

  • 皮膚に摩擦が生じる
  • 摩擦によって炎症や角質粒ができる
  • その結果、イボが生じる

重なり合った皮膚の摩擦でイボができる

つまり摩擦が首イボを作り出してしまう訳です。ただ皮膚に対する摩擦は、個人差があります。その摩擦が多い方もいれば、そうでない方も居る訳です。もちろん摩擦が多い方が、首イボも生じやすくなるのですが、特に肥満の方々は要注意です。
肥満体質ですと、皮膚が重なっている事もあります。二段腹という表現もありますが、お腹の皮膚が触れ合っている状態なのです。皮膚が重なった状態で、少し体を動かしますと、皮膚同士が擦れ合ってしまう訳です。そして皮膚に摩擦が生じて、イボができやすくなるのです。首の皮膚にしても、重なりあっている事はあるでしょう。
ですから肥満体質の方々は、首にイボはできやすくなります。

タオルによる刺激でイボができる

ですから皮膚同士の刺激は、イボを作り出してしまいます。ところで皮膚に対する刺激は、生地などもあります。洋服の生地が皮膚に触れますと、摩擦が生じてしまいますから、イボは発生しやすくなるのです。
このためタオルなどは要注意です。特に夏の時期などは、あまりタオルで皮膚を刺激しない方が良い一面もあります。
どういう事かというと、夏の時期には汗をかきますから、タオルを皮膚に当てる事もあるのです。しかしタオルで汗を拭きますと、皮膚に対して刺激が生じてしまい、イボができやすくなってしまうのです。
ところで肥満体質の方々は、痩せている方々と比べると、発汗量がやや多い傾向があります。必然的にタオルを使用する機会も多くなるので、皮膚が刺激されてしまい、イボができやすくなるのです。

肥満でターンオーバーが乱れてイボが生じる

しかし肌に対してダメージが生じたとしても、軽微な程度なら問題ありません。なぜなら人間には、ターンオーバー力があるからです。いわゆる回復力です。その力が強ければ、皮膚に多少のダメージが生じていても、回復する事はできます。
ところで摩擦によって、多少は炎症ができたとしても、自然回復する事は可能なのです。ターンオーバー力が強ければ、多少の摩擦の傷も自然回復できます。
しかし肥満体質ですと、その回復力が乱れてしまうのです。回復力が弱まってしまいますと、古い細胞が残りやすくなりますし、角質層も残留しやすくなってしまいます。それらは、首イボを作り出す原因の1つなのです。

肥満による刺激や摩擦でイボが生じやすくなる

つまり下記のような原因により、肥満体質では首にイボができやすくなるのです。

  • 重なった皮膚同士で摩擦が生じて、イボができてしまう。
  • 肥満で汗をかくので、タオルで皮膚を刺激して、イボができてしまう。
  • 肥満状態ではターンオーバーが乱れてしまうので、首にイボができやすくなる。

肥満で首にイボができるのは、このように様々な原因があるのです。いずれにしても首の皮膚に対して刺激や摩擦が生じて、イボができてしまう訳です。

首のイボが気になるならシルキースワンはおすすめ

ところで肥満によるイボが気になる時には、シルキースワンという商品はおすすめです。
シルキースワンには、イボに対して効果を発揮してくれる成分が色々入っています。ハトムギやオウバクエキスなどイボに有効な成分が含まれているのですが、それに加えて保湿効果もあります。皮膚にイボができるかどうかも、保湿性に左右される一面があります。やはり肌が潤っている方が、イボもできづらくなるのです。
シルキースワンは肌の保湿性を高めてくれますし、肌もすべすべの状態になります。皮膚同士の摩擦も少なくなる効果も期待できますし、使ってみると良いでしょう。

-首イボの予防法

Copyright© 首イボ除去におすすめ市販薬クリーム【2018】口コミを参考に効果があるケア商品を探そう!治療や予防方法 , 2018 All Rights Reserved.